世界をふらっと旅しよう

27歳のサラリーマンが、訪れた国や地域を気ままに語ります。

Hello, world

世界はときどき美しい

【600万人が眠る世界最大の地下墓地】”カタコンブ・ド・パリ”ってどんな所?

芸術の街、パリ。

華やかな地上とは打って変わり、パリの地下には、実に600万人が眠る世界最大の墓地が広がっています。 

その名も「カタコンブ・ド・パリ(Catacombes de Paris)」。

カタコンブ(カタコンベ)とは、地下の墓地のことであり、最初から死者の埋葬のために造られるのが普通ですが、カタコンブ・ド・パリは、そうではありませんでした。

最初は単なる採石場に過ぎなかったのです。

パリの地下に広がる巨大墓地。いったいどんな所なのでしょうか。

※以下、頭蓋骨等、人骨の写真が含まれます。苦手な方はご注意ください。

 

f:id:lulululalala:20190307222951j:plain

入口から階段を下っていくと、カタコンブ・ド・パリの冒険の始まりです。

地下およそ20メートルの位置にあります。ここからは死者の国です。

 

f:id:lulululalala:20190307222948j:plain

内部はそれほど広くありません。空気がひんやりとしています。

入ってしばらくの間は人骨は出てきません。

 

f:id:lulululalala:20190307222945j:plain

薄暗い中をずんずん進んでいきます。

(次の写真から、人骨が現れます!ご注意ください!)

 

f:id:lulululalala:20190307223034j:plain

現れました……!

大量の人骨です。石に見えるかもしれませんが、驚くなかれ、すべて骨です。

 

f:id:lulululalala:20190307223045j:plain

カタコンブ・ド・パリはどのようにして成立したのか?

かつてパリでは、キリスト教の習慣により、死者の埋葬は、教会やその周辺への土葬により行われていました。

 

f:id:lulululalala:20190307223041j:plain

ところが、10世紀以降、だんだんとスペースがなくなっていきます。

12世紀には、新たに集団埋葬用の「サン・イノサン墓地」が作られるも、その墓地もやがては飽和状態に達してしまいます。

 

f:id:lulululalala:20190307222942j:plain

しかし、そんな状況にも関わらず、死者の埋葬は続けられました。

キャパシティ以上の死者で溢れかえる墓地。衛生状態は最悪でした。

当時の環境について、「ワインは一週間たたないうちに酸っぱくなり、食べ物が数日で駄目になる。井戸水は腐敗した物質で汚染されており、消費するにはますます不向きである。」と述べられています。

 

f:id:lulululalala:20190307223026j:plain

ようやくサン・イノサン墓地の閉鎖が決まったのは、1785年のことです。

しかし、溢れかえった人骨、そして今後の埋葬をどうするか?

考え、生み出されたのが、カタコンブ・ド・パリでした。

 

f:id:lulululalala:20190307223122j:plain

パリの建造物に使用されている石は、パリの地下の採石場から切り出されたものです。

何世紀にもわたる採石の結果、現在でもパリの地下20~30mには、かつて採石場跡だった巨大な地下空間が延々と広がっています。

カタコンブ・ド・パリは、そんな採石場跡の空間を利用して生み出されました。

 

f:id:lulululalala:20190307223030j:plain

採石場跡の地下空間は、地盤沈下の原因にもなっていましたから、一石二鳥でした。

膨大な量の遺骨が移送され、納められました。

 

f:id:lulululalala:20190307223133j:plain

以上がカタコンブ・ド・パリ成立の経緯です。

しかし、ここまで大量にあると、もはや怖いという感じはしないですね。

 

f:id:lulululalala:20190307223127j:plain

辺り一面遺骨。しかもけっこう規則的に積まれています。

さすがパリ。墓地だっておしゃれです。

 

f:id:lulululalala:20190307223119j:plain

さて……そうこうしているうちに、見学コースも終わりに近づいてきました。

 

f:id:lulululalala:20190307223115j:plain

なんだかとても疲れました。

私は今日一日だけで、一体何人分の遺骨を見たのでしょうか。

いや、ひょっとしたら、私が”見られていた”のかもしれません……。

疲れたのではなく、”憑かれた”のでしょうか。。

 

以上、パリの巨大地下墓地でした。

日本人には馴染みが薄いですが、欧米人には人気で、2~3時間待ちの行列ができることもあるようです(私が訪れたときは、30分ほどの行列でした)。

いやはや、不思議な場所でした。

王道観光も良いですが、このようなアンダーグラウンド的スポットも悪くないですね。

公開されているのは1.7kmですが、全体では延べ500km以上にもわたると言われています。

万一見学コースから外れてしまうと……? カタコンブ・ド・パリの一員になってしまうかもしれないので注意しましょう。

 

【諸々の情報】⇒ 地図

行き方:ダンフェール=ロシュロー(Gare de Denfert-Rochereau)駅(地下鉄4,6号線、PER B線)降りてすぐ

入場料(現地):13€(18~26歳は11€、18歳未満は無料)※オーディオガイド:5€

オンラインチケット:29€ ※オーディオガイド含む(18歳未満は5€ ※オーディオガイド含まず)。※オンラインチケットは、現地価格よりけっこう高めの値段設定ですが、行列に並ばなくて良い、という利点があります。⇒ 公式サイトより購入可

営業時間:10:00am~8:30pm(チケットは7:30pmまで)

休業日:月曜、1/1、5/1、12/25

出口について:入口から700mほど離れた地点に出口はあります。⇒ 地図(だいたいこの辺りです。)

注意点:お手洗いはありませんので事前にすませましょう(並んでいる最中に緊急事態に陥った場合は、前後の人に断った上で、近くのカフェ等に駆け込むほかありません……)。また、当たり前ですが骨を持ち帰るのは禁止です。

※パリ・ミュージアム・パスは使用できません。

 

【もしよろしければ、次の記事もあわせてご覧ください!エッフェル塔エトワール凱旋門です!】

sekaiwotabi.hateblo.jp